離婚とは

配偶者に対しての不満がつのり、これ以上一緒に生活できないという考えになると離婚をするのが一般的です。
昔は結婚したら、何があっても一生その人と添い遂げなければならない、子どものためにも不仲であっても両親揃って子育てをすることが大切と思われてきました。
しかし今では、離婚の敷居が低くなり、夫婦生活が続けられない状態になったら離婚をしても良い、一人親で育てることになっても、親が笑顔であることが子どものためにも良いという風潮に変わりつつあります。
そのため件数もかなり増えて、2分に1組が離婚をしている、とか結婚している夫婦の3組のうち1組は離婚をする、などといったことも言われます。
このように、離婚をすること自体は世間が受け入れやすい空気にはなっていますが、離婚をするというのはとても体力と精神力が必要なものです。
もう好きではない、一緒にいたくないと感じている相手と話し合いの場を設けなければならないですし、それと並行して新しい生活の準備も進めなければなりません。
また、離婚が簡単に成立することもありますが、配偶者が反対をすれば簡単に話がまとまらず調停を開かなければならないことだってあります。

相手に不満があって別々に生活することを選ぶのですから、可能な限り短時間で揉め事なく解決したいと思うものです。
そこで、ここでは少しでもスムーズに済ませるために、離婚を決めた人が行っておくべきことを紹介していきます。